ICC-Groupについて
アメリカ版 Book Club
ワークショップのご案内
提携先とお勧めリンク
ブログ
インフォメーション

  〒970-8026
  福島県いわき市平2丁目20-2 3F
  TEL:0246-37-4377
  Office Hours:
    2 pm - 9 pm (月ー金)
    2 pm - 6 pm (土)
    日曜、祝日はお休みです。

提携先サイトのご紹介

2008年03月07日

Ms. G @Epiphany Educational Servicesについて

ICC Groupの大切な提携先であるEpiphany Educational Services(EES)とその代表のご紹介です。

Epiphany Educational ServicesEESはアメリカ・カリフォルニア州・フォスター・シティにある教育機関で、同地区教育委員会と連携しながら、就学前の子供たちから大学生まで幅広い生徒を対象に、ニーズにあわせた学習指導をしています。Book Club の運営、IQの高い子供たちのための特別プログラム、あるいは学習障害、識字障害を持った子供たちなどの指導などを実施。

そしてEESの創立者であり、ICCの心強いパートナーであるMs. Kimilou Gilchrist(キミルー・ギルクリスト), Ms.Gを紹介したいと思います。ICCが今までに実施してきた海外研修、あるいは2005年いわき市で実施したBook Club Abroadなどでサポートしていただきました。

17年のキャリアを持つ教育スペシャリスト。 同市の小学校教員を10年務められた後、EESを開設。EESが取り組んでいるプログラムは多岐にわたり、彼女の熱意がこれらの活動の原動力となっているようです。近隣にSONY, NECなど日系企業の支社があり、日本からの子供たちのバイリンガル指導にも貢献されています。

今後もバイリンガル教育スペシャリストとして、ICCの活動や新しいプログラムでご協力いただくことになっています。また、ICCでは、日本の子供むけのバイリンガル教材をMsGilchrist と一緒に考えています。日本語が99.9%をしめる環境の中で、どうしたらバイリンガルを目指すことが可能になるのか、何度もBrainstormingを重ねてきました。今回、その第一弾として就学前の児童向け教材、”mami book packs”をご紹介します。これはアメリカで公認バイリンガル教師の資格を持つMs. Gが、実際にアメリカで採用されている教育法に、「日本」の環境に配慮し, 開発したものです。mbp(mami book pack)は、教師としての実績と, 二人の子供たちの母親としての細やかな愛情が盛り込まれた教材です。お母さんと子供たち、あるいは英会話クラスですぐに使えるよう工夫されています。ビデオで丸暗記の英語ではなく、日常の遊びの中で、くりかえし英語に触れる慣れることを可能にしたものです。