ICC-Groupについて
アメリカ版 Book Club
ワークショップのご案内
提携先とお勧めリンク
ブログ
インフォメーション

  〒970-8026
  福島県いわき市平2丁目20-2 3F
  TEL:0246-37-4377
  Office Hours:
    2 pm - 9 pm (月ー金)
    2 pm - 6 pm (土)
    日曜、祝日はお休みです。

Kira Kira by Cynthia Kadohata

kira-kira_kadohata.jpgシンシア・カドハタの初めての児童文学作品。2005年の「ニューベリー・メダル」を受賞作でもある。この物語は1950年代に日系アメリカ人のタケシマ家がアイオワからジョージアへと引っ越しをすることから始まる。両親はアイオワで日本食料品店を経営していたが、うまくいかず、ジョージアへ移ることを決める。両親はきびしい生活の中、リン、ケイティ、サミーの3人の子供たちのために、細やかな愛情を注ぎながら、なんとかして生活を安定させようと頑張る。この物語の語り手はケイティ。大好きな姉のリンは、頭がよくて、妹の面倒をよくみる、しっかり者の女の子。リンはケイティに、「きらきら」という言葉を教える。空や海や人々の目はみなきらきらで特別だとか、時には人種的偏見の不公平さまで教える。くったくのない少女が様々な経験で成長していく。当時の日系人の生活ぶりに触れる点でも意味深い本。この二人の少女の会話体で物語は進むので、英語的にも読みやすい。また、日本語で読む場合は小学生高学年向け。英語で読む場合は、英検3~準2級レベルがあればほぼ読めそうです。
ISBN: 0-689-85640-7

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://iccgroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)